ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

やはり入居率は大事だよね。

f:id:ZiLchan:20220225200509j:plain

  1. 初めに

  2. やはり入居率は大事だよね。

  3. 考察

1.初めに

 昨日ASSECLIのファンドの募集がありました。

 一般的に、ASSECLIのファンドは一瞬で決まります。

 そういう意味で、競争率が非常に高い事業者ということになります。

 

www.zilchan.com

 

2.やはり入居率は大事だよね。

 

25日のASSECLIのファンドは、

f:id:ZiLchan:20220225201155p:plain

HPより抜粋

 上記は2時間経ったときのものです。

 

 まだ、86%ですね。5時間たっても87%(追記)

 26日8時時点で88% 、27日8時の時点で埋まってました。

 

www.zilchan.com

 先日ブログでアップしましたが、やはり原因は

 

入居率の低さ

 

 ですね。転売の際入居率は一番大事な事項の一つです。

 

www.zilchan.com

3.考察

 私は全案件投資するときは、入居率は調べてます。不動産CF事業者の中には入居率を出してないもしくわ見つけにくい表示にしています。 

 ですから、連絡して聞いてみます。

 

 この案件が、入居率が満室もしくわ満室に近いという根拠を持てるかどうかが投資するための私の投資条件でした。

 

 わからないので、スルーしました。

 

 今は、焦らなくても投資状況は非常に良くなってますね。

 

 3月から始まる投資案件のどれにどれだけ投資するのか、今考えてますね。

 

 私の投資先は、ASSECLIのようなクリック合戦の事業者は比較的少ないですね。或いは、優先を持ってますので、投資金の持ち越しはあまりないです。

 

 ASSECLIは、マスターリースはありません。よって、転売のみがほとんどの収入源になります。もちろん、自信があってファンドを募集していると思います。ただ、絶対という言葉はこの世界に存在しません。

 

 でも、情報開示という意味では、ASSECLIには好感が持てますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。