ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

東証ETF:1324が止まります!

f:id:ZiLchan:20220311202937p:plain

  1. 初めに

  2. 東証ETF:1324が止まります!

  3. 考察

1.初めに

 この村は、「ソーシャルレンディング」の村なのでできるだけ、不動産CFたSLのネタを書くように考えてます。

 しかしながら、私は株や債券もやるので経済や各種指標には詳しく毎日チェックしてます。そういう意味で、ここだという時に買い場が来るのでマーケットもチェックしてます。

 

 ある意味、ウクライナ侵攻は株の世界では買い時、或いは売り時になります。よく言うETF投資信託の積み立ての大切さを私も言いますが、盲目で投資していると痛い目に合う場合があります。

 

 そういう意味で、読者の方には若い方も多いと思いますので、参考になればという意味で今日のこの記事も書いてます。

 

2.東証ETF:1324が止まります!

www.zilchan.com

 

www.zilchan.com

 

2つの記事で、時系列をまとめると

 

ウクライナにロシアが侵攻した。

②ロシアが経済制裁を米、欧から受けることが決まった。

③ロシアの市場が止まった。

④ロシアの株式市場を指標にする投信が止まった或いは劇落した。

 

 こう考えれば、

1324「Nomura NF Russia RTS Linked ETF」が止まるのも時間の問題と思ってましたが、売買が毎日されている?????????????

 対応する指標がないのに売買されるという異常な世界でした。

 

 当たり前ですが、1324は止まることが決まりました。

ギリシャ債務危機新型コロナウイルスパンデミック(世界的大流行)など市場にとって非常に厳しい時でも上場投資信託ETF)業界はいつも通り運営されてきた。しかし、ロシアのウクライナ侵攻ではついに取引不能な事態に直面している。

  東京証券取引所上場のETF「NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信」の売買停止に関する9日の発表は、全世界のロシア株ETFの取引が現在停止あるいは近く停止されることを意味する。こうした売買停止はアラブの春や新型コロナ禍といった重大事でも決して起こらなかった。

JPX:「NEXT FUNDSロシア株式指数・RTS連動型上場投信」を売買停止へ

困難乗り越えてきたETF、ついに危機に直面-ウクライナ侵攻で - Bloomberg

当社で運用を行なっている「NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS 連動型上場投信」(以下、「当 ETF」といいます)(銘柄コード:1324)の値動きならびに投資判断上ご留意頂きたい点について、お知らせいたします。


ロシア株式の取引を行なうことが困難となっていることなどを背景に、2022 年 2 月 24 日以降の申込に関して、当 ETF の設定および解約の申込の受付を停止しておりますが、東京証券取引所においても、ETF について、3 月 16 日まで売買を行い、3 月 17 日から当面の間、売買を停止する旨が発表されております。


東京証券取引所において売買が停止されて以降は、当面の間、換金を行なうことが困難とな
ることが想定されるため、十分ご留意ください

NFロシア株の「NEXT FUNDS ロシア株式指数・RTS連動型上場投信」の値動き等について | iMarket(適時開示ネット) より抜粋

 

 上記のように、1324は3月16日に止まります。

 

3.考察

 1324が止まるのは時間の問題でしたが、まだ買う人がいる。最後は売れなくなるのに。私には、理解不能です。

 読者の方は、間違ってもマーケットに入らないように。最後は買う人はいなくなりますから。

 

 デートレの人は、手じまいしていると思いますが。3月11日で。買い残り36万株、売り残り17万株ありますね。合わせて5000万円くらい。現物の人を入れると資産規模は7.8億円ですね。

 

 まだ、止まることを知らない人もいるかもしれませんね。

 

 よく、株で国に投資することは良くあります。でも、市場を見てないと知らないうちに痛い目を合うという一つの現象です。

 

 この村のほとんどの方は関係ないですが、こういうことも投資の世界では知った方が良いとオッサンは思って書きました。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。