ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

B社は、S社の代わりにはならないと私は思いますね。

f:id:ZiLchan:20220130191035p:plain

  1. 初めに

  2. Bankers:決算でわかること

  3. 考察

1.初めに

 Bankersの決算があったので見てみました。名前から銀行員なんか固そうと想像するのでしょうか?

2.Bankers:決算でわかること

 まず、株式会社Bankersは、HPで財務指標を出しているのは、評価されますね。

ただ、

f:id:ZiLchan:20220130191652p:plain


f:id:ZiLchan:20220130191551p:plain

f:id:ZiLchan:20220130191622p:plain

https://www.bankers.co.jp/document/fund_id_21/BKS_settlement.pdf

2021年度の決算で、BS,PLを見てわかるのは

①純資産は、1.3億しかない

当期純利益は、2.4億円の損失です。

これを単純に考えると、2022年も一緒だと純資産がマイナスになり債務超過になります。

 

ただ、Bankersはまだ大丈夫なのは、

 

Bankersの親会社株式会社バンカーズ・ホールディングが、

三者割当増資による10億円の資金調達のお知らせ

お知らせ | 株式会社バンカーズ・ホールディング

 

に書いているように、2021年4月10億円を調達してますね。

 

しばらくは持つでしょうね。

 

3.考察

株式会社Bankersの販売費及び一般管理費が2.1億円かかっているので、当分は黒字にならないと思いますね。

 

この構図は、クラウドクレジットに似てます。

 

 結局、販売費及び一般管理費が足を引っ張っています。これは毎年続きますね。構造的な赤字の原因になると考えてます。

 

www.zilchan.com

 

 本業で赤字は人件費と販促費がアキレス腱。それを防ぐために増資でしのいでますね。ただ、いつまでもつのかが懸念事項です。

 

 財務をみると景色は変わります。

 

 Bankersに投資することは、私はないですね。ソーシャルレンディングは、儲けの薄い業態というのがよくわかりますね。

 

 くどいようですが、赤字の会社と黒字の会社に投資するのは、信用リスクは全く違いますよ。

 

 B社は、S社の代わりにはならないと私は思いますね。

 

 比較以前の問題ですというのが、私の考えです。

 

 これも私見ですので。

 

 コインには必ず裏表があるので、注意してくださいね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。