ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

SL事業者は、もうOとJで充分ですね。時々Fですか。

f:id:ZiLchan:20220308180345p:plain

  1. 初めに

  2. SL事業者は、もうOとJで充分ですね。時々Fですか。

  3. 考察

1.初めに

 SBISL事件の一番のファンドが、

「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド30号」ですね。やっと、SBISLともおさらばです。

 

www.zilchan.com

 

www.zilchan.com

 もともと「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド30号」は、殆ど実態がなかった太陽光で数少ない実態の有ったファンドでしたね。

 

 私にとっても最後のファンドとなりました。

 

2.SL事業者は、もうOとJで充分ですね。時々Fですか。

f:id:ZiLchan:20220308181438p:plain

マイページから抜粋

 

 SBISLの最後のスクリーンショットですね。

 

 一時期、クラウドファンディングの柱にしてました。SBIの絶対的規模から来る信用がそうさせました。しかしながら、SBISLはザルでしたね。

 

 一流の上場会社の子会社はそんなものでしょうか?実体のないホテルや太陽光に気づかないなんて、そんなのある?って突っ込みたくなるほど、酷い実態でした。

 

 ただ、SBIのバックがあったこそ無事に乗り切ることができました。

 

 やはり、業者を選ぶときは、「信頼を失うことを恐れる」会社を選ぶべきですね。

 

3.考察

 SBISL事件から学んだことは

ソーシャルレンディング自体、貸出先に悪意があれば事件が起こること

②やはり、上場会社は誠意を持って対応してくれる場合があるということ

ですね。

 

 私は、ソーシャルレンディングへの投資をできる限り止めようと思ってます。するのであれば、上場会社だけですね。OwnwesBookとJ.Lendingだけにする予定です。

 

 Fundsもイレギュラーがあったら投資しますね。

 

www.zilchan.com

 

 

 それから、不動産CFの登場が上記の事を可能にしてくれました。

 

 劣後付きのセームボードが、少なくとも詐欺は減るでしょうね。ただ、財務が弱い或いは、募集しまくっている会社は、投資先から外す努力をしてますね。

 

 こうやって、痛い目を見ながらうまく運用できれば良いなとおもいます。

 

 しかし、2015年当時からやっていて事件にならなかった第二種金融取引業者はCrowdBankとOwnesBookくらいですかね。CrowdBankは、第一種ですが。すさまじい確率で事件は起きてますね。

 それくらい、ソーシャルレンディングは詐欺の温床になりやすいシステムなのでしょうか?

 

 いずれにせよ。SBISLは終わりました。投資していたみな様、お疲れさまでした。

 

 もう、最後になって欲しいですね。