ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

TSONの「加速」

  1. 初めに

  2. TSONの「加速」

  3. 考察

1.初めに

 TSONは、自社の「メゾネット」を中部圏を主に建てて販売する、建売の会社ですね。

 区分マンションを仕入れて、転売する多くの不動産CF会社とはビジネスモデルは違います。

 今週は時々TSONについての私見をブログにアップする予定です。

 

2.TSONの「加速」

 TSONの加速を知る前に、その理由を知る理由があります。

 

www.zilchan.com

 TSONの決算です。

 上記のブログを見てわかるように、一年の計画から遅れているように見えます。

 

 TSONに確認したら、「予定通り」という話が返ってきました。

 

 TSONは、下半期に集中的に案件を加速する必要があったという背景があります。

 これは、会社の方針なのでどうこう言う気はないことは、明記しておきます。

 

 TSONは、上記ブログを書いた3月5日から7ファンドを募集してます。

 クラウドファンディング

①SONAE11号:3月2日:9270万円

②SONAE13号:3月29日:3850万円

③スマートファンド22号:4月14日:7950万円

④スマートファンド23号:4月19日:14060万円

⑤SONAE15号:4月26日:7710万円

合計42340万円

 

 書面契約

⑥SONAE12号:32150万円

⑦SONAE14号:54400万円

合計866550万円

総計:129490万円

 

 つまり3月上旬から4月下旬までに合計13億円のファンドを組成してます。年で考えれば約80億円になりますね。

 

 加速していることがお分かりになると思います。

 

3.考察

 TSONが加速することは知ってました。加速に当たってTSONが採用したのは、

①書面のSONAEをクラウドファンディングで集めだした。

②抽選制だけのクラウドファンディングで、「先着順」を導入した。

 

 気づいている方は、お気づきになっていると思いますが、現在SONAEは2案件同時進行になってます。

 また、クラウドファンディングで満額になるとすぐに次の案件が出てます。

 

 つまり、ファンドの数量的に「加速」してます。

 

 TSON自体の加速は、会社の方針なのでどうこう言う話ではないですね。しかしながら、この加速の影響がどう出るかは投資家にとって影響が出ます。

 

 私は、財務を開示する8月までTSONへは投資はしませんので様子見です。これは、TSONへの信頼性が揺らいでいるのでなく、年の計画通りになっているか、確認して再投資するか決めるためです。

 

 TSONのモデルと同じモデルは、他の不動産CFにはありません。自社開発型は、CREALのように他社協業型よりもリスクは低いと考えてます。

 

 ただ、自己資金が少ない点ではTSONは、上場するCREALよりも劣ります。

 

 この世界は、いろいろな指標でみることが大事になります。

 

 私の私見が正しいとは限らないといつも言ってますが、読者の方の参考になればと思ってます。

 

 次は、TSONの動きについて気づきを書く予定です。

 

 外出してましたが、やはり他県から来る人間は地方では、ある意味歓迎されないことは間接的に気づきましたね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。