ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

TSONの「揺らぎ」

  1. 初めに

  2. TSONの「揺らぎ」

  3. 考察

1.初めに

 TSONの「加速」に関して、ブログでアップしました。

 

www.zilchan.com

 

 このTSONの加速に関して、TSONは社員の数を増やしていってます。所謂物量作戦ですね。

 

 土地があれば、いくらでも建てることができて加速できる企業です。これは、他の不動産CFにはなかなかできませんね。

 

 そのTSONが「揺らいでいる」ように映りますね。

 

2.TSONの「揺らぎ」

 これを理解する前に、クラウドファンディングの一つの特徴を知っておかないといけないですね。

 

 クラウドファンディングは、基本募集中のファンドが埋まらないと基本事業者は次のファンドを出しません。

 

 不動産CFに、ほぼ適応できる法則です。

 

 これが加速しなければいけないTSONのアキレス腱になります。

 

 TSONは、利益を上げるためにファンドの加速と共にやったことは、

 

 利回りの低下です。

 

 これは、直接経常利益を教え上げますね。スマートファンドだけでなくSONAEまで利回りを下げてきました。

 

 ここでTSONの「揺らぎ」が生まれます。その揺らぎの原因は

 

利回りを下げることへの投資家の影響でしたね。

 

 案の定、TSONへの投資速度は、「利回りの低下」と共に「遅くなりました」

 

 これによって、TSONは「揺らいでます」

 

 スマートファンド23号は、埋まりが遅いとみるや「JCBギフト1%」を付けてきました。Fundsと同じ手法です。

 

 TSONは、ファンドを終わらせないと次のファンドが出せない焦りが起こしたと私見を持ってます。

 

 このような、胆略的なやり方は大概裏目にでます。もう5%で億の案件は埋まらないと思うでしょうね。

 

 TSONの揺らぐは、投資家にとっておいしいものになるのも事実です。

 

 でも、ファンドのリスクは別のものですから、忘れないようにしたいですね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。