ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

明日を控えたCREALは新たな「火消し」に走ってますね!

  1. 初めに

  2. 明日を控えたCREALは新たな「火消し」に走ってますね!

  3. 考察

1.初めに

 明日CREALは、上場します。IPOとしては、そんなに魅力を感じてません。成長のドライビングフォースが、他力本願ですから。

 

 さて、私が持っているCREALの早期償還以外の案件は、すべていわくつきになってます。

①上野オフィースPJは、入居者がいないのでCREAL自体が入りました。

楽天NAHAは宿泊者がすくないので、春の配当はありませんでした。

 

www.zilchan.com

 

③「湯島」案件は、当初の契約したゼネコンが、財務上のため基礎しか作れず、3月竣工の予定が大幅に遅れていました。

 そして、再度仕切り直しと言う愚体をさらしてますね。

 

www.zilchan.com

 

2.明日を控えたCREALは新たな「火消し」に走ってますね!

①「湯島案件」

 基礎しかできてない物件を清算した!

第40号(仮称)文京区湯島1棟レジデンス((仮称)文京区湯島1棟レジデンス)につきまして、対象不動産の売却に関する契約締結を経て売買実行の前提条件が充足したことにより本日、対象不動産を売却いたしました。
つきましては、匿名組合契約(以下、「本契約」といいます)第10条第1項第(2)号の事由に該当し、本契約が早期終了することになりましたのでお知らせいたします。

メールから抜粋

 

楽天富士河口湖:配当の減額

2022年4月末の配当について、匿名組合契約第8条第3項及び第4項に基づき、2022年3月31日までの収支実績から計算した結果、ホテルの開業に伴う広告宣伝費の費用計上等の影響に伴い、優先出資者(投資家の皆様)への配当総額が以下の通り変更となります。

■変更内容
(変更前)509,551円
(変更後)363,671円

メールより抜粋

 

 やはり、早期償還がない案件はいろいろな埃が出てきますね。

 

3.考察

 明日上場なので、埃は出しておきたいのでしょうか?

 ホテルの配当の減額も、NAHAの時は、「富士河口湖」は大丈夫と書いてましたが。。。。

 

 今回も、償還は大丈夫と言ってますね。

 

 恐らく「湯島案件」の清算は、損切りでしょうから。CREALは、身銭を切ったのでしょうね。私見ですが。

 

 基礎だけでちゃんと投資額で売れるはずないじゃん!なんて、素人は考えてしまいます。

 

 今回の件で、CREALの影の部分がだいぶ分かったような気がしますね。ポイントの還元で既存の投資家に差をつけることを平気でやるCREAL。

 上場したら、今度は株主の方に向くので、「湯島案件」は今で良かったと思います。

 上場したら、ゼネコンを代えたなんて情報を隠蔽するかもしれませんから。

 

 「湯島」の償還で、年内には卒業できそうです。

 

 しかし、CREALはいろいろなことが、私が有しているファンドでも起きてます。全体的にはどうなんでしょうか?

 

 CREALのビジネスモデルは、また記事にしますが、「他力本願モデル」なので、注意が必要だと思いますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。