ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

CREALの「湯島案件」は、私を変えましたね!

  1. 初めに

  2. CREALの「湯島案件」は、私を変えましたね!

  3. 考察

1.初めに

 CREALの「湯島案件」は、上場する会社としてはお粗末なものでした。

 

www.zilchan.com

  選定したゼネコンが、1年もたたずに財務の問題がおきて、基礎しかできてないということでした。

 

 笑うに笑えない、ありえない失態でしたね。

 

2.CREALの「湯島案件」は、私を変えましたね!

 しかしながら、この件を別の視点から見ると風景が変わります。

 

 ①CREALは情報開示は「クリア」だということ

 

 そして、この「湯島案件」が早期償還されます。

 

www.zilchan.com

 火消しと書きましたが、投資家にとって懸念事項をすぐに償還という手で払しょくしました。

 

3.考察

 もともと不動産CFの出資金は、そのファンドに使われるとは限りません。ですから、逆もそうでファンドの損失を自己資金で補ってもそれは投資家にはわかりません。

 

 所謂お金に色がないというものです。

 

 ファンドが棄損しそうな場合どうするのか?ここで、2つの前例があります。

 

①SBISLの場合

 SBIが元金を立て替わりしました。

 

②OBの「大阪ホテル案件」

 恐らく、株主から言って補填はありえないというスタンスをIRで報告してます。

 

 CREALは、楽天ホテル案件も「OB大阪ホテル案件」とは違う結果になると思ってます。

 何故なら、何度も自ら「大丈夫だ」と自ら言ってますから。

 

 結果論ですが、これから不動産の売買にはいろいろな事件が起きます。太陽光でわかるように、銀行でも騙されますね。

 

 そんななか、投資する事業者がどちらを向くかが大事です。あの新興国ばかりに投資する事業者は、理由もはっきりさせずに自らの責任を取らずに投資家だけ損をしてます。

 

 要、事業者の考え方次第でどうにでもなる問題です。ただ、ここで大事なのは、事業者にキャッシュがあるかです。

 

 「湯島案件」は、CREALが上場しなければ違う結果になっていたでしょうね。ゼネコンを乗り換えたみたいな内容は、黙っていたら投資家はわかりませんから。

 

 そういう意味で、CREALは上場後も同じスタンスなら考える余地はあると思います。但し、条件が。。。。

 

 それは、今後のブログでアップしますね。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。