ZiLchan リタイヤ後のゆるい生活と本気の資産形成術

ZiLchanです。 2020年12月に退職しました。50歳半ばのおっさんです。  投資履歴は、20年以上。ライブドア、リーマン、9.11、3.11すべて経験しながら、資産形成してきました。今年のコロナでも生き残ってます。  不労所得と老後の緩い生活をお伝えできればと思います。無職というのは楽ですけど楽ではないですね。それでもストレスフリー、健康寿命を考慮した一回しかない人生を皆さんもできれば、楽しんで頂きたいと思います。私のブログは少しでもそんな人の為に参考になればうれしいですね。

1ドル130円になって考えること

フリー素材 | ドル袋とドル紙幣を描いたフリーイラスト。リッチな雰囲気。

  1. 初めに

  2. 1ドル130円になって考えること

  3. 考察

1.初めに 

 とうとう1ドルが130円になってしまいましたね。

 ずっと1ドルは100円~110円で長らく続いてましたが、このラインを外れるとどこまでも真空地帯ですよね。

 

 今回の130円の原因は

アメリカの利上げ

②日本が貿易赤字になってきた

 この2点が大きいと言ってますね。

 

 こういう時に、円しか持ってないとドツボにはまりますね。

 

2.1ドル130円になって考えること

 よくある各国の物価を比較するのに「ビックマック係数」というのがあります。

http://fkeizai.in.arena.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/05/2006keizaiyougodetanoimi.pdf

2020年、日本では390円のビックマックは、アメリカでは624円ということで、日本の物価、賃金が安いことがわかりますね。逆に言えば、日本の購買力がアメリカの約0.6倍の力しかないということです。安いからインバンドは期待できますが、外国に行くと高くて日本人は暮らすのに苦労しますね。

 

  ですから、

①外貨を持つ

②外国の資産(株や債券や不動産など)

を持つのが、もう常識になりつつあります。

 

 私も現在22万ドルの米ドル債を持っているので、特に外貨を持つのは気にしてませんね。

 

3.考察

 現在、アメリカ株が不調で下落してます。しかしながら、円ベースではトントンになっているでしょう。

 そういう意味で、外国の株を買うのもこのようなリスクヘッジになりますね。

 

①円だけでもっていること

②預金だけでもっていること

 

 この二つの資産を持っている人は、外国から見るとすごい勢いで貧乏になってます。

 

 そういう意識をもって、投資の参考にされたら良いと思いますね。

 

 私見ですが。。。。。

 

 最後までお付き合いくださり有難うございました。